北インドのダンス » カタックダンス

カタックダンスの歴史

カタックダンスは、紀元前5世紀ごろ、古代インドにて「カタカ」と呼ばれる身分の高いヒンドゥー教の語り部達が神話や英雄物語を伝導して歩いたことが起源とされています。カタカ達は音楽、詩、マイムを神話伝承の手段として各地を遊行したと言われています。

16世紀、ムガール帝国支配下の宮廷内

16世紀以降、北インド一帯がムガル帝国の支配下に置かれるようになると、カタカ達は、その高い芸術性を請われて宮廷に庇護され、やがて西域ペルシャの文化を取り入れたムガル宮廷舞踊へと発展しました。隣国ペルシアの豪華絢爛な王朝文化を模したムガル宮廷では、宮廷語としてペルシア語が用いられ、現地語とペルシア語の混成語であるウルドゥー語が形成されました。
宮廷人は美しいウルドゥー語の詩を競いあうようにして作り、音楽と舞踊はペルシア文化の影響を受けて大きく発展しました。

関連映画:Mughal-e-Azan「偉大なるムガル帝国」、Analkaliなど

18世紀以降、弱体化していったムガール帝国に隣接するアワド藩王国(現在のラクナウ)では、世界一の繁栄を夢見た太守ワジド・アリ・シャーのパトロネージの下、ムガル宮廷舞踊は全盛期を迎えます。太守自らが、僧侶階級出身の高名な師匠(タクール・プラサード)を宮廷に迎えて踊りを習い、ハーレムの女性で舞踊団を結成してヒンドゥー神話の舞踊劇を発表するなど、音楽舞踊人のために莫大な予算が遣われました。享楽の時は長く続かず、太守は英国によってコルカタに追放され、全インドは英国統治時代に入ります。

関連映画:サタジット・レイ監督 The Chess Player「チェスをする人」

英国統治時代のドゥルガ・プジャー(カルカッタ)

イギリスの直轄地となったコルカタは音楽の都として栄えるようになり、踊り子達は英国人という新たなパトロンを見つけ、人生を謳歌したと言われています。

関連映画:Mangal Pandey

ラジャスタン藩王国でのカタックダンス(細密画)

ラジャスタン藩王国でのカタックダンス(細密画)

アワドやラジャスタンでは、親英の藩王らの庇護によって文化は爛熟期を迎え、歴史に残る優れた芸術家を輩出しました。アワドでは、プラサード一族の若き獅子達、ビンダーディーン・マハーラージとカルカー・プラサードが頭角を現しました。彼らのパフォーマンスは、全インドで熱狂的な支持を得、ムガル宮廷舞踊は一世を風靡しました。また、ビンダーディーン・マハーラージは、宮廷にて3000を越える美しい詩を残し、現在、ラクナウ派カタックダンスの曲に使われています。

関連映画:Mangal Pandey

ベナレスのタワーイフ

ベナレスのタワーイフ

ウルドゥー語でタワイフとも呼ばれた、当時の踊り子達は幼いときから優れた師について教えを受け、師から許しを得て宮廷に上がり、高貴な宮廷人のサポートを受けて高い教養と芸妓で人々を魅了しました。

関連映画:Umrao Jaan「踊り子」Devdas「デーヴダス」、Pakeeza、Salma等

Shan-e-Mughal」カタック・ケンドラによるダンスドラマ、アクバル皇帝の宮殿でのカタック・ダンス

Shan-e-Mughal」カタック・ケンドラによるダンスドラマ、アクバル皇帝の宮殿でのカタック・ダンス

インド独立後、「カタカ」が起源とされるこの宮廷舞踊は、新政府によってカタックダンスという名前を新たに与えられ、インド人間国宝パドマヴィブーシャン・パンディト・ビルジュー・マハーラージによって、洗練された至高の舞台芸術へと開花しました。
師は、それまでの、詩やシュローカを中心とした舞踊に、北インド古典音楽の理論に基づいた、音楽師泣かせのコケティッシュなリズムを新たに加えることによって、全身でリズムを表現していくという独自のテイストを作りだすことに成功しました。さらに、女性がより美しく、優雅に見え、しかも切れの良い動きも創出しました。
師の創出した舞踊芸術は高い評価を得、今日、カタックダンスはインド4大古典舞踊の一つとしてゆるぎない地位を得ています。

カタックダンスの基本姿勢は直立姿勢で、足にグングルと呼ばれる真鍮の鈴を100個から200個巻いて踊ります。

巨匠パンデット・ビルジュ・マハラジ

巨匠パンデット・ビルジュ・マハラジ

軽快なステップ、切れの良い所作と素早い旋回、アラベスク模様、ウルドゥー文字を象ったシンメトリーな動き、全身で感情を表現するアビナヤ(マイム)、口唱歌(ヴォイス・パーカッション)を特徴とするこの舞踊は、日本の家元制のように、一つの家族が代々伝えており、主な流派にヒンドゥー文化とイスラム文化が融合した舞踊を伝えるラクノウ派、ヒンドゥー神話を踊るジャィプール派、バナーラシー派などがあります。
最も古い流派であるラクノウ派カルカー・ビンダーディーン一族の現在の家元は、7代目のパドマヴィブーシャン・パンディト・ビルジュー・マハーラージ。師の振り付けは、音楽師泣かせの、非常に優雅で美しい高度な変拍子で成り立っています。