ラジャスタンダンス

ラジャスタン地方の民俗伝統芸能

伝統音楽

ラジャスタン地方には、主に2つの、伝統音楽を伝えるコミュニティがあります。ジョードプルを中心としたエリアではLangaと呼ばれるモスリムの楽師コミュニティが多く活動している一方、ジャイサルメール地方では、Manganiyarと呼ばれるヒンドゥーの楽師コミュニティが、フォークや、王族の系譜、英雄を讃える叙事詩などを伝えています。

民俗舞踊

Kamadコミュニティの既婚の女性達によって踊られるテラーターリーが有名。ラジャスタンの英雄神の一人、Ramdev Virに捧げるバジャンを歌いながら、マンジーラーを鳴らして座位で 踊られます。19世紀以降に衰退しましたが、上位カーストの人々の努力により、近年になって復興され始めています。

蛇使いのコミュニティのKalbeliaは、蛇笛と太鼓に合わせて歌い踊ります。もともとは芸として披露するものではなく、内輪で、自分達の楽しみのためのものでしたが、生活のためにプロフェッショナルに踊るようになりました。高速旋回や大道芸で観客の興を誘います。