Information, 公演情報

インドの弦楽器シタール&宮廷舞踏カタックダンス・リサイタル

2012.06.19

暑さ厳しい中、海の日のライブにお越しいただきまして有難うございました。

ライブレポートをご覧くださいませ。

 

====

お待たせいたしました!!! 「北インドの弦楽器シタール&宮廷舞踏のリサイタル」が、赤坂ノベンバーイレブンズpart2にて開催されます。

インド古典音楽の悠久の音色と、グングル(鈴)の美しい響き、迫力の旋回をどうぞお楽しみくださいませ。北インドの伝統文化をご堪能ください。

「北インドの弦楽器シタール&宮廷舞踏カタックダンス」 

Date;2012.7.16(祝・月) 

Time;open5PM~ Start7:30PM~(2stage)

Venue;赤坂ノベンバーイレブンズPartⅡ

 

 

 

 海の日に何方様も是非会場までお越し下さいませ。 

Artist Profile

~カタックダンス~佐藤雅子
’95年渡印。翌年より国立演劇舞踊学校に入学。インド人間国宝PadmavibushanPt.Birju Maharajに直接師事。’99年~’04年までニューデリーにてICCR奨学生として研鑽を積む。’05年に師の許しを得て帰国、麹町に専用スタジオを開設、後進の指導にも力を入れる。国内・海外公演多数。これまでに日印国交樹立50周年記念事業、Kajuraho Festival、ANANYA、FIFA~NAC新潟アジア文化祭、ナマステインディア、愛・地球博、上海万博、日印グローバルサミット、パキスタンフェスティバルなど多くのプログラムに出演。代表作「Shinwa~天照大御神と月読尊」、「さくら」(パキスタンのシタール奏者Ust. Nizamiとの共演)、「彼方」など。正確な技術、 繊細 な表現力に定評を持つ。

~シタール~吉田こうき
’93年よりバラナシにてP.M.Chatterjeeにシタールを学ぶ。’97年より、マイハール流派屈指の後継者アミット・ロイに師事、研鑽を積む。愛・地球博、みなとみらい、COP10など、日本各地のイベント、文化施設での公演は年間100本近くに渡る。’07年にはインドにて日印交流記念式典に出演、好評を博す。インド古典音楽を主軸に、多岐に渡るレコーディングやセッションワーク、バンドに参加。近年ではタイ・バングラデシュでの公演を成功に収めている。

~タブラ~指原一登
2002年よりインドのラジャスターンにてタブラを始める。2006年からU-zhaanに師事。またインドのコルカタで、世界最高峰のタブラ奏者Pt.Anindo Chatterjee、及びAnubrata Chatterjee両氏に師事。インド古典音楽を追求する一方、様々なジャンルのアーティストとの共演、自身のバンド”Saraswati”での活動、子供のためのアートプロジェクト等、都内を中心に演奏活動を展開している。オペラシティ近江楽堂公演、神木山等覚院奉納演奏、「しまJAZZ in 伊豆大島」などに出演。2012年8月には、師であるAnubrata Chatterjee氏の再来日公演を控える。

ご予約は03-3588-8104(ノベンバーイレブンズPart2)、又はこちらまで

お席の数が限られております。お早めにご予約くださいませ。