MKDAダンサー

kaoru-kathak2

KAORU (Kathak)

2005年より、カタックダンスを佐藤雅子に師事。ナマステインディア、上海万博、フランス公演、大新宿区まつりなど、数多くの舞台に出演。2009年の読売新聞英語版トップページに掲載されたMKDA演舞の写真を見たシャーシュワ—ティー・セーン女史に「パーフェクトな身体の使い方をしている」と絶賛される。趣味が広く、バレエやピラティスなどにも精通している。

 

kumi-kathak2

KUMI (Kathak)

大阪市出身。バレエ、フラメンコ、民俗舞踊等を経て2007年より、カタックダンスを佐藤雅子に師事。ナマステインディア、上海万博、フランス公演、大新宿区まつりなど数多くの舞台に出演。上品な笑顔で観客を魅了するダンサー。

keiko-1

KEIKO (Kathak)

チア、バレエを経て、2010年より読売文化センター横浜にて、カタックダンスを小林舞に師事。2011年より麹町スタジオにて佐藤雅子に師事。ナマステインディア、HOLIフェスティバル、パキスタンフェスティバルなどに参加。切れのあるダンスを得意とする。

tani-kathak2

TANI (Kathak)

太極拳、バラタナティヤムなどを経て、2006年より、カタックダンスを佐藤雅子に師事。MKDA内唯一のカタック男子として、ナマステインディアを始め、数多くの舞台に出演。毎年、女性ファンを着実に増やしている。

marina-kathak

MARINA (Kathak)

新体操、ジャズダンスなどを経て2011年より、カタックダンスを佐藤雅子に師事。ナマステインディア、フランス公演、パキスタンフェスティバル、新宿芸術家協会公演等に出演。

makiko-kathak

MAKIKO (Kathak/Rajastan)

コンテンポラリーダンス、バレエなどを経て2009年よりラジャスタンダンス、2011年よりカタックダンスを佐藤雅子に師事。ナマステインディア、慰問公演、横浜ディワリ祭、新宿芸術家協会公演等に出演。

asami-rajastan

ASAMI (Rajastan)

2012年よりラジャスタンダンスを佐藤雅子に師事。ナマステインディア、横浜ディワリ祭などに出演。2013年に、ラジャスタン州に短期留学。クイーン・ハリシュより直接、指導を受ける。笑顔と躍動感で観客を魅了するダンサー。