プロフィール

佐藤雅子(Miyabi)

インド舞踏家
みやびカタックダンスアカデミー主宰
新宿芸術家協会会員

■ 経歴

学生時代より各種ダンスの振り付けを行う。
国立長岡技術科学大学大学院・材料開発工学専攻修了。

フラメンコ、バレエ、創作ダンス等を経て1995年渡印、マルティ・シャヤム女史に師事。翌年インド国立舞踊学校カタックケンドラに入学、ジャイキシャン・マハラジに師事。

1997年より、同校にてインド人間国宝パドマヴィブーシャン・パンディト・ビルジュー・マハーラージに師事。

1999年、ICCRスカラシップ授与。パドマヴィブーシャン・パンディト・ビルジュー・マハーラージが学長を務めるカラーシュラム芸術学院に入学。

2000年より日本人として初めてパドマヴィブーシャン・パンディト・ビルジュー・マハーラージ舞踊団員として、Ananya、カジュラホ・フェスティバル、インド国内最大のカタック舞踊祭Vasantotsavなど数多くの公演に参加。

2003年には、インド舞踊史上初のシェークスピア舞踊劇「ロミオ&ジュリエット」のナース役に抜擢され、繊細な表現力が高く評価された。

ソロダンサーとしては、2000年に国際交流基金ニューデリー事務所野外ホールでの公演が初演。以後、多くの舞台に立つ。

2002年に、日印国交樹立50周年記念創作ジュガルバンディ『日本神話~天照大御神と月読命』を発表、2004年12月のソロ公演「Antara Raga」は日本人舞踊家として初めてインド国営放送「ドゥールダルシャン」に て放映された。

2004年5月にカタック・スペシャライゼーション・コースを修了、ステージ・プレゼンテーション・コースに入学を果たす。2005年5月に師より許しを得て帰国。帰国後もインドから招聘され公演に参加、国内外で活動する他、みやびカタックダンスアカデミーを主宰し、後進の指導に情熱を注ぐ。

2006年11月のパキスタン公演では、ターンセーン一族のシタール奏者、ウスタッド・ニザミ氏と共演し、イスラマバード公演、ラホール公演両日とも1200名以上の観客を動員し、パキスタン国営テレビに放映されるなど、大成功を収めた。

2010年は国際交流基金主催でニューデリーにてソロ公演を行う。また、上海万博民間文化公演団体に選抜され、アジアンステージに出演。インド古典舞踊の枠を超えたエンターテイメント性豊かな群舞を披露し、人気を博した。

2011年は、ラクナウスタイル・Kalka Bindadhin流派の発祥の地、聖地Handiaにて開催されたHandia Festivalに外国人として只一人招待される。フェスティバル初日のプージャでは、Padmavibhushan Pandit Birju Maharaj師に花輪をかけるというたいへんな栄誉を授かった。

2014年、Padmavibhushan Pt. Birju Maharaj師を日本に招聘。東京/大阪にて公演を行う。ワークショップ、及びUTSAVを開催。同年、バンガロールで開催されたワークショップにて、師らの伴奏で、カタックを披露した。

2016年、チェンナイの日本総領事館と AOTS主催「ジャスミンの夜」に参加、好評を得た。7月にはパンディト・ビルジュー・マハーラージ師のUSツアーに参加。

代表作「Shinwa~天照大御神と月読命」、「さくら」(ウスタッド・ニザミ氏との共演)、「マハーカーラー」、「安珍清姫」、「Sheesha Khana/シーシャ・ハーネー」(新宿芸術家協会主催公演にて発表)。インド古典舞踊の伝統をベースに、日印文化が融合した作品を意欲的に発表している。伝統を重んじた優美な所作と正確な技術、繊細な表現力に定評を持つ。

これまでにインドを始め、日本、スリランカ、モーリシャス、エジプト、パキスタン、中国、フランス、米国にて、公演に参加している。